薬剤師の求人事情

薬剤師の求人事情ですが、以前よりも離職率が高まっている傾向にあります。その理由の一つとして、日々生み出される新薬の知識に対して付いていけないなどの問題があると言えます。特に女性の方などは仕事以外にも子育てや家庭の事などを行わなくてはならないのですから、日々新たな事を覚えていかなくてはいけないというプレッシャーを感じずにはいられません。その分の給料を得ているのだから仕方が無い、と言われてしまうとそれまでなのですが、薬剤師という職業柄、正社員というよりもパートやアルバイトでの雇用も多く、簡単に離職してしまうという傾向があるようです。

また男性にとっても、仕事の大変さややりがいの面では非常に魅力的な仕事ではあるものの、男性と女性とでの給料の違いがあまり無く、途中で「もっと稼げる仕事があるのでは?」と先を見据えて離職される方が見受けられます。勿論デメリットだらけの仕事ではありません。病院などの医療機関での薬剤師に対する求人は減少傾向ではありますが、最近では日本全国様々なドラックストアが増えた為、その分薬剤師の求人が多く見られます。様々な場所で薬剤師の仕事ができると言う事は、職場の環境なども求人から情報を得る事が出来、自分にあった仕事であるかも選べる為、高給料で働ける仕事も探す事ができます。覚える事が沢山あって大変、だけどやりがいのある仕事がしたい!そういった方にはオススメのお仕事と言えるでしょう。

医療と薬剤師の関係

薬剤師の仕事というのは、ドラッグストアで働く以外にも、病院などで医師が診察した後に患者へ、その人に合った薬を渡すという大事な役割を持っています。その分病院内での医師との関係というのは非常に大切になってくると言えるでしょう。ただし、どこまでお互い・・・

薬剤師の求人の注意点

薬剤師の求人を探す際、注意すべき点がいくつかあります。まず労働環境についてしっかりと記載されているかという点です。出勤日数は勿論ですが、月ごとの休日の回数、労働時間や労働スタイル(朝昼夜と変動するのか否か)など、求人だけでは見抜けない部分が・・・